話している人達

心理療法について

外国のカウンセリング

カウンセリングという言葉は、10年前ほどから一般的になってきました。
多くの人が心の病で悩むようになり、うつ病の患者の総数は年々増えてきています。
うつ病等の心の病の治療法は、薬の服用と休養が非常に大切です。
近年、薬の服用と休養と併用してカウンセリングを受けるという人も増えてきています。
病院によっては、臨床心理士や心理療法士などからのカウンセリングが保険適用で受けられることもあります。
しかし、病院で薬を服用するまでもないけど気分が落ち着かないという場合や、なんとなく不安があるというような場合には民間のカウンセリングルームを使用することも可能です。

病院で心の病と診断された人が、薬や休養と併用してカウンセリングを受けています。
年々カウンセリングを受ける人が増えており、多くの人が、カウンセリングを受けるということに興味を持っています。
病院でカウンセリングを受けた人が民間のカウンセリングルームを利用することや、病院に行く前にカウンセリングルームを使用するという人も増えています。
病院の医師のなかにも、カウンセリングルームでカウンセリングを受けることを推奨している医師がいます。
多くの人が、心の病を持つに至るまでの自分の思考に問題があるのではないかと考えており、それを解決していきたいと考えています。

カウンセリングは、クライアントとよばれる相談者がリラックスして話をしやすいような環境を作ります。
カウンセラーには守秘義務とよばれるものがあり、相談内容は外部に漏らすことはありません。
何を話していいかわからないという場合も、カウンセラーは対応します。
人に悩みを話していくことで、自分自身の本当の問題に気がつくことができます。
悩みで混乱している状況を、人に話すことにより整理することもでき、自分自身を落ち着けるということに役に立ちます。